日本のeスポーツ

eSportNews.jp

最近、日本でも注目され始めているeスポーツは、過去数年間で10億ドル規模の産業へと成長しました。 2019年の視聴者数は、44300万人を超えるとされます。日本でもプロゲーマーたちが参入し、更なる成長が見込めます。大規模なトーナメントもいくつも開催されて、様々な業界からのサポートもあり、政府からの関心を持たれ始めています。

 

日本のeスポーツの現状

今やポップカルチャーの一部となったeスポーツですが、まだまだマイナーな業界です。トーナメントやプロのeスポーツプレーヤーの数が増えるにつれ、スポンサーとなる企業も増えています。チームを組んで、切磋琢磨しトーナメントに向かう姿はスポーツと何ら変わらない感じがいたします。

eスポーツのジャンルだけでも、クラシックなビデオゲームから、オンラインPCゲームにいたり、ゲームは様々です。会社員として勤めながらプロプレイヤーもいれば、学生のプロプレイヤーもいます。トーナメントなどでの賞金も、数百万から億まで貰える大会があり、熱い状態です。視聴者は、ツイッターやYoutube等のストリーミングプラットフォームで視聴します。上記の通り、億を越す視聴者がいることもあり、企業からも注目されています。

史上初!eスポーツでのオリンピックイベントの開催が決定!

eスポーツが急成長を続ける中、さらなる吉報がきました。なんと、国際オリンピック委員会が4月22日に、eスポーツタイトルを競技種目とするオリンピックライセンスイベント「Olympic Virtual Series (OVS)」を正式に発表しました。OVSは5月13日から6月23日に行われる予定で、実質的にオリンピックが開催される前に行われます。eスポーツがオリンピックの公式競技として扱われるのはこれが史上初となります。 Olympic Virtual Series (OVS) OVSは東京オリンピックのプレイベントとして行われる国際オリンピック委員会の公式イベントの一つで、オリンピックの新しい視聴者を増やすためのイベントです。eスポーツの世界的な宣伝ともなるイベントともなり、ゲームファンを新たにオリンピックの観客としてリーチできる、一石二鳥なイベントとなります。 選ばれた5種目 オリンピックということもあり、今回のイベントは若者層にオリンピックに興味を持ってもらうため、そして同時にスポーツに興味を持ってもらうように選ばれたのは5種目です。各種目が連盟と連携しているところがとても特徴的です。選ばれた種目は以下の通り。 ・World Baseball Softball Confederation (WBSC) — eBaseball Powerful Pro Baseball 2020, Konami ・Union Cycliste Internationale (UCI) — Zwift, Zwift Inc. ・World Rowing — Open format ・World Sailing — Virtual Regatta, Virtual Regatta SAS ・Fédération Internationale de l’Automobile (FIA) — Gran Turismo, Polyphony Digital 野球、サイクリング、ローリング、セーリングと自動車レース。オリンピック2020+5のアジェンダに基づいた選択で、特に注目するべきのは、選ばれた5種目のうち2種目は日本のeスポーツタイトルから選ばれているところです。ひとつは、世界野球ソフトボール連盟と連携して実施する「パワフルプロ野球 […]

レビュー: スピンスポーツでのeスポーツ

スピンスポーツはiGaming(オンラインカジノ)業界で信頼性が高く、素晴らしいブックメーカーのオペレーターの1つです。スポーツギャンブルの事業は2017年から開始しされ、運営するオンラインカジノのブランドは2001年からオンラインカジノの業界に参入しました。スポーツブックメーカーが設立されて以来、お客様が満足すサービスを提供していることで知られています。

関心の高まりと成長

過去数年間のeスポーツのグローバル収益成長率は10億をはるかに超えており、この業界は現在、日本の経済を成長させる手段としても注目されています。日本政府は、2025年までに毎年約2,694億円の売り上げを目標としています。

 

eスポーツで日本経済を後押し

日本は古くからビデオゲームの歴史があり、世界に通ずるのゲームソフトとコンソールのいくつも発売されました。日本は、ゲーム業界では世界的にリードしています。近年、eスポーツの成長に伴い、世界でも3番目に大きな市場になっています。政府だけでなく、様々な企業がこの経済を後押しをしています。

主要産業の振興

経済産業省は、企業や法律専門家と協力して、この成長産業の促進に取り組む予定です。また、国の経済を向上させ、障害を持つ人々を助けるために民間部門に手を差し伸べています。また、デジタルおよび実際のチケット、トーナメント、広告キャンペーンを作成するための資金も手伝っています。

 

ライセンスと保護

日本のJeSU(一般社団法人 日本eスポーツ連合)は、eスポーツに対する見られ方を変えるために懸命に取り組んでいます。プレイヤーが制限法を施行する方法を入手するために、様々な案がを取り入れられています。また、国内のプロ選手としてリストされるために、全てのゲーマー達にライセンスも提供しています。

 

プレイヤー保護

ゲーマーがJeSuからのライセンスを取得することにより、ギャンブル禁止法によって設定された9万円以上の賞金を獲得できます。一部のプレーヤーからは、プロのプレーヤーと見なされるかどうかを決定する際に、1つの組織でしか認められない事が納得いかないという意見もあります。

 

法令

eスポーツ市場には多くの規制があり、プレーヤーの妨げになる可能性もありますが、企業側は何とか緩和させようとしています。業界に参入したいプレーヤーを代表し、スポンサーとなって支援してくれます。トーナメントや大会の開催に向けられた問題は、政府が定めた法律に違反することなく対処されています。

 

業界の改善

この業界が成長し続けるためには、eスポーツでの実績を増やす必要があります。これは、開催される大会の数を増やすことによって行うことができます。 JeSUは将来、参加料のかかるトーナメントやチケットを事前に購入できるトーナメントの開催を検討していると発表しました。

1XBet レビュー

最近では、eスポーツはギャンブルの業界で最も影響力のあるギャンブルゲームとしての地位を確立しています。 1XBettingは2007年に設立され、これまで多くの国でそのルーツを広げてきました。この記事では、eスポーツがどのように導入されたか、そして実際にどうやってギャンブルに参加できるのかについて解説します。また、1XBetのメンバーにどうやって登録するかについても説明します。

eスポーツゲームが日本で成長している理由

日本のeスポーツは大きなビジネスとなりつつありますが、どのようにして日本で成長しているのでしょうか?大きな違いの1つは、日本は社会のあらゆる面で、スポーツゲームよりもeスポーツの社会的側面と誰でも受け入れる側面に重点を置いていることです。これは、最近日本で実施されたいくつかの新しい戦略として最もよく見られます。日本のeスポーツが日々成長する理由は次のとおりです。

 

  • 更なる インターネット普及
  • 高レベルの イノベーション
  • eスポーツを政府が認めている
  • 競技人口が少ないのでまだチャンスがある

競争のないeスポーツゲームの市場

日本市場は例年に引き続き世界第3位の市場であり、合計6,760万人のプレーヤーがいます。欧米諸国では、日本はスーパーマリオ、ファイナルファンタジー、メタルギア、ポケモン、バイオハザードなど、数百のフランチャイズリリースを輸出し続けています。 QBISTの戦略的提携およびグローバルビジネス担当ディレクターであり、任天堂ヨーロッパの元幹部であるパオロ・ジャンティ氏は、日本市場への浸透は依然として難しいと明言しました。

 

日本で最も人気のあるeスポーツゲーム

(https://esportsflag.com/japan)のサイトから見ることができるように、日本には多くの人気eスポーツゲームがあり、日本人のより多くの人々にeスポーツの世界に参加する機会を与えています。ゲームは非常に一般的であり、知識がほとんどなくても、手間をかけずにゲームを開始できます。以下は、日本でプレイできるeスポーツゲームです。

 

  • ファイナルファンタジー
  • ドラゴンクエスト
  • コールオブデューティ
  • フォートナイト

eスポーツゲームをプレイする前に知っておくべきこと

eスポーツゲームに完全参加する前に最初に知っておく必要があるのは、ルールを学ぶ事です。ある程度のスキルを習得してからプレイを開始することが大事です。ゲームにプレイ技術が伴うため、必要なスキルを習得するのに役立ちます。ゲーに負けないためにも、この関連するスキルを持っていることが大切です。

 

テクノロジーが日本のeスポーツにどのように役立ったか

日本では、テクノロジーが非常に普及されているため、eスポーツゲームが簡単にできるという現状です。家やオフィスからでも問題なく簡単に遊べるようになっていますので、日本のeスポーツの成長に大きく貢献しています。

eスポーツという用語は、電子的(Eletronic)に行われるスポーツであることを意味します。これが、日本全体のゲーム開発においてテクノロジーが大きな役割を果たしてきた理由です。ガジェットを使って、日本中どこでもゲームをプレイできます。

 

eスポーツは良いキャリアにもなる?

eスポーツの人気の上昇は、(https://an.athletenetwork.com/blog/becoming-an-esports-athlete)から詳細を見ることができるように、さまざまな有望なキャリアに貢献しています。研究によると、ビデオゲームをプレイすることは、短期間の記憶と視覚的焦点に関連するいくつかの認知システムに予期効果をもたらす可能性があること示してます。また、ゲーム好きな人から見ると、ゲームをしながらお金がもらえるのは夢のような話で、子供から大人に達しても魅力的な今後の職業の一つになるかもしれません。

これからeスポーツが進化し、世界へ進出していくこと共に近年では、コーチング、チームマネージャー、制作クルーなどのプロプレイヤー達を支持する職種やキャリアも生まれています。様々な人たちが、熱意を持って取り組めるキャリアもあり、これからeスポーツの人気ももっと高まっていきそうです。

eスポーツジャパンの最終査定

eスポーツゲームは日本全体に深く根付いており、少し振り返ることができます。このスポーツは、テクノロジー、政府の支援、そしてより多くのファンベースを通じて非常に進歩しています。これにより、日本はeスポーツで優れた選手を輩出し、eスポーツをどんどん盛り上げています。

 

eスポーツジャパンに関するよくある質問

eスポーツゲームに参加するにはどうすればよいですか?

 

まずはeスポーツで大会などが行われるゲームをさがしてプレイしてみましょう。

eスポーツでプロレベルで競争するには、ゲームの機械的スキル、戦略、プレーヤーのスキルを極める必要があります。

eスポーツをすることによって身につくものってありますか?

 

eスポーツは、戦略的思考、チームワーク、コミュニケーション、リーダーシップ、信頼などのスキルの習得ができます。

eスポーツは本当にメジャーなゲームですか?

 

eスポーツの競技人口は、毎年成長しています。メジャーとまではいきませんが、これからの成長に期待が持てます。

eスポーツを学校のカリキュラムに取り組む必要がありますか?

 

意見は様々ありますが、ソフトスキルのプログラミングや学習スキルの実践など海外では普通となっている時代です。eスポーツも競技スポーツと変わらない時代もそう遠くはありませんので、学校のカリキュラムに取り組むのも良い案ではないのでしょうか。